うつ病の判断基準|しっかりと診断してもらうことが大事

女の人

子供のうつ病とは

女医

うつ病のイメージとしては仕事などを頑張っている大人が診断されることが強いですが、実は子供でもうつ病と診断されることもあります。最近の調査では、この子供のうつ病が年々増加している報告があり、今はうつ病は大人も子供も関係ない病気になりました。大人のうつ病の主な症状としては、落ち込みが激しいや常に常に憂うつ感が続くなどがあげられますが、これは全て精神的な症状になります。逆に子供のうつ病では身体的症状や行動の変化で次のような症状が出ることが多くなります。身体的症状は食欲不振や成長期に合わせて体重が増加しない、睡眠障害などがあります。行動面では落ち着きがない、意味のない行動を繰り返してしまう、行動の速度が急に遅くなる、寡黙などの症状があります。大人とは異なって、行動や身体面でうつ病の症状が出てしまうのでは言葉で自分の気持ちや感情、憂うつ感などを表現するのが未熟なためだと考えられています。最近まで、子供のうつ病の発見や診断があまり行えなかったのはこのような背景がるからでしょう。また、子供のうつ状態に関する知識を持ち合わせていないと、身体的症状が発生したとしても小児科や内科などの医療機関を受診して問題が見られなかった場合に、仮病じゃないのかと思ってしまい、子供が発信しているSOSのサインを見逃してしまいます。
大人とは症状の出方などに異なりがある子供のうつ病ですが、メカニズムなどは大人と同様に脳内の神経伝達物質の異常が原因で発症してしまいます。脳内には色々な神経伝達物質があります。その中で、感情を調整する働きを持っているセロトニンやノルアドレナリンなどの現象がうつ病と深い関りを持っていると言われています。この成分の受け渡しが十分に行われていないと感情のコントロールも上手に行えなくなります。子供の場合も大人と同じように、過度のストレスや環境の変化がきっかけでうつ病を発症してしまいます。子供がうつ病にならないためには、ストレスに強くさせるために幼少期にたくさん褒めて、認めて愛されるような体験を積み重ねて、自己肯定感を高めていくことが非常に重要と言えます。また、大人も子供のサインにちゃんと気づいて、うつ病と思われる症状が出た場合には、医療機関にて診断を行なうようにしましょう。