うつ病の判断基準|しっかりと診断してもらうことが大事

うつ病を治すためには原因を知ろう

うつ病の基準

婦人

うつ病は通常にある憂うつ感が日常生活や社会生活に支障をきたしてしまうほどの状態になってしまいます。この憂うつ感が病的であるかなどは本人及び周りの人では区別がつきにくいため、うつ病であることが気づきにくいです。その結果、受診に繋がらずに症状が悪化してしまうケースもあります。診断は問診からうつ状態を検査して診断基準を見ながらうつ病であるかを診察していきます。うつ病の人の中には精神状態があまり目立たずに身体的症状が表立って現れる仮面うつ病があり、本人がうつ病になっていることに気づいていない場合も少なくはありません。そのため、時間が経っても治る傾向のない身体的症状がある場合はうつ病を疑ってお近くの心療内科や精神科に行くことをおすすめします。
うつ病の診断では、主に次に内容を中心に進めていきます。発生している症状はいつごろから始まったものか、現在どのような症状が現れているか、症状が発生してしまったきっかけや背景、日常生活や社会生活にどれくらい支障をきたしているかを問診します。なお、そのほかにも既往歴や家族歴も問診で行ないます。もともとの自分の性格や思考の傾向などの情報もうつ病の診断には欠かすことは出来ません。また、自分自身だけではなくて家族などの周りの人から見た客観的な症状の把握も重要になります。現在では高齢者や子供でもうつ病になってしまう時代なので、そのような人たちは上手に伝えることが困難な場合になることがあるので、家族がかわりに症状を伝えるようにしましょう。
うつ病の診断には、ベースの診断基準が用意されています。判断基準としては、世界保健機関であるWHOの国際疫病分類のIDC-10と、米国精神医学学会のDSM-IVの2つが一般的に使用されています。これらの判断基準では、うつ病に良くみられる症状が記載されている診断項目を多数上げて、それに該当する項目がいくつあるかで決定していきます。また、うつ病の診断においてはうつ病をしっかりと把握するための評価スケールもあります。この評価スケールが高いからといってすぐにうつ病と診断されるわけではありませんが、うつ病である可能性を疑う目安になります。うつ病を判断するためには、このように色々な基準をもとにして行っています。誤診が行われないようにしっかりと医師との問診を行っていきましょう。また、自己判断は一番危険な行為になりますので、行わないように注意が必要です。身体的症状を見抜いて病魔を見つけ出しましょう。

うつ病をチェックしよう

インターネットでは無料でうつ病をチェックしてくれます。日本だけではなく世界各国で使用されているチェック法で診断されます。このチェックで気になる点があったらすぐに医療機関に行くことをおすすめします。

うつ病の主な症状とは

うつ病は心の病気ではなくて、脳の伝達物質が異常になって起こる病気になっています。その結果、心身共に様々な症状が出てしまいます。主に憂うつ感が続く、睡眠障害などがあるでしょう。異常を感じるのなら、一度病院で診断してもらったほうがいいです。

子供のうつ病とは

うつ病は大人がなるイメージでしたが、最近では子供でもうつ病と診断されるケースが多くあります。大人と違って子供のうつ病は症状に違いがありますので、子供のうつ病にも理解と把握が重要になっていきます。

うつ病と関係している食事

うつ病の治療法として、薬物療法やカウンセリングが一般的ですが食事を用いた治療法もあります。うつ病と診断された人が食事を改善することで、症状が回復したケースもあります。日ごろから食生活には気を遣うことが大事です。